医療レーザーのアレコレ

医療レーザー脱毛でワキガが治った?副次効果について

医療レーザー脱毛はその名の通り、本来は脱毛するために受けるものです。 しかし、時としていくつか嬉しい副次効果を得られることがあります。 その中で最も有名なのが、ワキガの症状が改善される!ということ。


ワキガ(腋臭症)とはアポクリン腺から分泌される汗と皮膚や腋毛の常在菌が混ざってしまうことで 低脂肪酸やアンモニアなどに変化することで発生します。するとわきの下から異臭が出てしまうのです。 納豆、ネギ、鉛筆、ごぼう、古びた洗濯ばさみの臭いなどと例えられることが多く、不快にさせてしまうこともあります。 わき毛がある事によって症状が酷くなりますから、ワキガの方は脱毛をするのが良いと言えます。


そして、医療レーザー脱毛を行ったことによってワキガが改善された!臭いがなくなった!!という人は結構いるようです。 毛が無くなったということだけが理由ではなく、レーザーをあてたことで アポクリン腺がダメージを受け活動が抑えられるために臭いが軽減されるのではないかと言われています。


実際、ワキガや多汗症を治療する方法としてレーザー治療があります。 その治療法と似ているためにワキガが治る、と言われているのかもしれません。 ただ、逆に臭いがキツくなってしまった、なんていう人もいるようなので ワキガ目的で医療レーザー脱毛を受けるのは止めましょう。


脱毛の為にレーザーを当てたらワキガが治ったらラッキーかなーぐらいに思っておいてください。


女性に嬉しい副次効果とは?


ワキガが治る、ということ以外にも医療レーザー脱毛を受けた事による副次効果があります。 それは毛穴が引き締まるということ。今までは毛が生えてくるために開いていた毛穴が、 生えてこなくなったり細くなったりする事で小さくなっていき、キメ細やかな綺麗な肌になります。 また、肌が引き締まる事で顔の皮膚にハリが生まれ、小顔効果も期待できます。


さらに、レーザーの光によってシミなどの色素沈着が薄くなった、消えたなど効果がある場合があります。 ただ、濃いシミだとあてる事は出来ないので薄いシミがということですけれど、 それでも嬉しい効果ですよね♪







スワップポイント