クリニックでの脱毛・エステサロンでの脱毛を比較

エステサロンとクリニックの脱毛の違い

エステサロンで受ける脱毛とクリニックで受ける脱毛の大きな違いといえば、医療機器が使えるか、ということです。


エステサロンで受ける脱毛方法といえば、ニードル脱毛、フラッシュ脱毛、ワックス脱毛があります。 一方のクリニックは医療レーザー脱毛を受ける事が出来ます。 この医療レーザー脱毛器は医療用機器として厚生省から許可を受けているものを使用しています。


脱毛の種類は違うんだろうというのはわかると思いますが、実際の効果や施術方法はどう違ってくるのでしょうか?


エステサロンで行う脱毛の施術方法


まずはニードル脱毛ですが、なんと海外では100年以上も前から行われてきた脱毛法なんです。 脱毛方法の中で、最も永久的な効果があります。ただ、一つ一つの毛穴に針を刺し、高周波の電流を流すことで 毛根にダメージを与えていくので、痛みが強く、時間がかかってしまいます。 エステのみならずクリニックでも受けられ、クリニックの場合は痛みを和らげる麻酔を使うことが出来ます。


そして、エステで最も多い施術方法である光脱毛は、黒い色素(メラニン)に光線が反応する事で 毛根を破壊する、というメカニズムです。キセノンフラッシュ光線(キセノンガスの放出による光エネルギー)と 特殊偏光フィルムによって一瞬だけ発光させるのです。
レーザー脱毛とほとんど同じ仕組みではありますが、レーザーと比べ波長帯が広いです。また、複合波長光線が使われています。


光脱毛は他にフラッシュ脱毛、IPL脱毛、エピライト脱毛、プラズマ脱毛などの呼び方があります。 使用するマシンの波長の違いや、脱毛サロンによって呼び方が異なってはいますが、サロンで光を当てる脱毛法方は全て光脱毛です。 レーザーと比べ、出力が低いために効果が現れるのが遅かったり、効果が持続しにくいです。


クリニックで行う脱毛の施術方法


クリニックでは光脱毛、医療レーザー脱毛、ニードル脱毛すべてを受ける事が出来るんです。 そんな中、多くのクリニックで扱っているのが、医療レーザー脱毛でしょう。


医療レーザーは光脱毛と比べ、出力が高いため、永久脱毛の効果が高いです。 また、使われるレーザーの波長が長く、皮膚深部まで達するために火傷しにくくなります。
そして、クリニックで脱毛を受ける事によって、万が一トラブルが起きてしまった時でも 素早く、適切な処置を受ける事が出来るので安心なのが大きなメリットと言えます。


医療レーザーについて、詳しくは医療レーザー脱毛の仕組みをご覧下さい。


たまに脱毛エステの広告でレーザー脱毛という言葉を使っているのを目にすることがありますが、 医療レーザー脱毛は医療機関でしか行えないのでおそらく光脱毛の事か、もしくは法を犯して使っているかですね。注意しましょう。
エステとクリニックの大きな違いと言えば、レーザー脱毛が行えるか否かということでしょう。





スワップポイント