医療レーザーについての基礎知識

医療レーザー脱毛の効果は?どれぐらいで生えなくなるの?

医療レーザーは、ムダ毛が生えている毛穴に照射すると、黒い色に反応します。


レーザーの光は黒い色素に吸収され、毛が伝導体になることで毛方や周辺に熱を広げ、
毛包内の肝細胞(体毛をつくりだす細胞)を破壊します。
しばらくして毛は抜け落ち、生えてこなくなります。


エステでも同じなのですが、医療レーザー脱毛をい1回しただけでは全体の毛を脱毛する事は出来ません。
数ヶ月に1回のペースで通うことで脱毛は完了します。


脱毛と毛周期の関係について


なぜ、何度も通う必要があるのかというと、毛周期(ヘアサイクル)が大きく関係しています。
体毛は髪の毛とは違い、成長期→退行期→休止期というサイクルを繰り返しています。
肌表面に出ている毛は実は全体の約1/3で、残りの2/3は皮膚の下で新しい毛を作る準備をしています。
つまり、1回施術をしても全体の1/3の毛にしか効果はないという訳なのです。


医療レーザー脱毛の効果がある時期は、毛がどんどん伸びていく成長期に限ります。
毛根が角化して新しい細胞を作るのがストップした退行期や、成長が止まった休止期の毛穴には効果がありません。


例え表面に毛が出ていたとしても、それが全て成長期とは限りません。
ですから、何度もレーザーを照射することによって、全ての毛の成長期に反応させなければなりません。


【参考】

脇…成長期は3ヶ月から5ヶ月・成長期の毛の割合は30%・休止期は3ヶ月から5ヶ月
腕…成長期は3ヶ月から4ヶ月・成長期の毛の割合20%・休止期は3ヶ月から4ヶ月
足(ひざ下)…成長期は4ヶ月から5ヶ月・成長期の毛の割合20%・休止期は3ヶ月から5ヶ月
Vライン…成長期は1年から2年・成長期の毛の割合30%・休止期・1年から1年半


クリニックでは2ヶ月に1回レーザー脱毛を受ける事を勧められるのが多いです。
医療レーザー脱毛は6回程度で終了することが普通なんだとか。
つまり、2ヶ月に1回、6回だと、1年ぐらいで完了する事になります。


Vラインやワキ、男性のヒゲなど…毛根が深くて濃い箇所のほうが痛みは強いものの反応しやすいため、 早い人だと3回施術を受けると効果を実感できることもあるんだとか。
逆に、おなかや顔など、薄い毛にはレーザーが反応しづらく、回数が多くなってしまうこともあるようです。
ですから、体毛が太くて濃い、剛毛の人はレーザー脱毛に向いてるのではと思います。


Vラインや脇、男性のヒゲなどの毛根の深く濃い部位のほうが、レーザーは反応しやすいので、早い人は3回程度で効果が実感できることもあるそうです。逆に、背中やお腹などの産毛のような細い毛は、レーザーが反応しにくいので回数を多くを通わないといけないこともあるようです。
総合的に考えると、体毛が太くて濃い剛毛の人のほうが、医療レーザーに向いているのでは?という印象です。






スワップポイント