医療レーザーについての基礎知識

医療レーザー脱毛はどれぐらい痛いの?

医療レーザー脱毛はとても痛いという話を聞きます。
しかし、実際には医療レーザー脱毛が痛いということではなく、
出力を高くする事によって痛みを感じることがある、ということです。
脱毛エステや、家庭用脱毛器でも出力を上げれば痛みを伴います。


医療レーザーの痛みってどれぐらい?という質問に対して、
輪ゴムで肌にパチンと弾いたときと同じぐらいの痛み
と表現されている事が多いです。
うーーん。。。なんだか痛そうなのは伝わってくるんですけど、
我慢出来る痛みなのかちょっと心配ですよね。
痛みに強い人もいれば、弱い人もいるし、どの程度で輪ゴムを弾いたかによって違ってきますし。
実際に受けてみた人の体験談を見てみると、少しちくっとする程度の人もいれば、
かなり痛かったなんて人もいて、本当に個人差なようです。


医療レーザー脱毛は痛い!とよく言われていますが、他の脱毛法方はどうなのか。


脱毛方法別で見る、痛みの比較


ニードル(針)脱毛…毛穴に針を差込み、電流を流して毛根を壊滅させます。かなり効果は期待できますが、痛みが結構強いです。


フラッシュ(光)脱毛…黒い色素に光を反応させることで脱毛させる方法。熱さや痛みは少ない。


ワックス脱毛…天然成分で作られたワックスを塗り、放置した後、一気にはがして脱毛していく方法。広範囲に塗ってそれを一気に剥がすので時間はかかりませんが、強烈な痛みを感じます。


医療レーザー脱毛の種類で紹介しましたが、種類によって痛みの程度も変わってきます。
長い波長の方が表皮のメラニンに反応しないので痛みを感じにくくなります。
また、出力の強弱でも痛みの程度は変わってきます。


体毛の量や肌質によっても痛みの感じやすさが変わる?


ムダ毛が濃い人、毛穴の多い人はレーザーが反応するメラニンの数が多いため、
ムダがが薄い人に比べて痛みを強く感じる傾向にあるようです。
肌の色でも差があり、色黒の人のほうが色白の人よりも痛みを強く感じやすいようです。
色黒の人の肌には多くのメラニン色素が表面化しているためでしょう。


痛みを出来るかぎり感じなくさせるために、施術前に冷やします。
冷やすことによって痛みに対する感覚が鈍くなり、痛みは軽減されます。
テスト照射の時に痛みが強くて我慢できない場合は
麻酔クリームを塗るなどの処置をしてくれる場合がありますので相談して進めましょう。


何度も施術をするとムダ毛の量や毛穴が減ってくるので、痛みも少なくなっていきます。
また、最新のレーダー脱毛機器は照射範囲が広くなって一点に集中しなくなったために
痛みを感じにくくなっているそうです。







スワップポイント